Hanaway 主に庭にいます

地味なりに活発

グランドカバーコナスビ

せっせと草取りしてたら生えてきた謎の這性植物。

f:id:hanntan:20220818172825j:image

草丈は低く、丸い葉っぱ。

丈の高い雑草をせっせと取っていたら、いつの間にかこれが広がっていました。なあに?この植物…。

気づけばクラピアk7より広く生えています。
f:id:hanntan:20220818172828j:image

Googleで写真検索するとディコンドラなどと表示されます。和名はアオイゴケだとか。ディコンドラは人気の園芸品種かと思いますが、自生する品種もある模様。

でもそこまで葉っぱも丸くないし〜

そもそもいろんな種類があるらしく特定できません。

オレガノかな?
f:id:hanntan:20220818172831j:image

と思っていたら、黄色い小さいお花を発見。

f:id:hanntan:20220818173646j:image

直径1.5cmくらいでしょうかね。

小さいお花がひとつだけ咲いていました。

これでサクラソウ科の小茄子だということがわかりました。コナスビ。

葉っぱはやや肉厚に見えますが、この黄色い星型のお花、間違いなさそうです。

 

在来の多年草だそうです。

似ている園芸品種で外来のリシマキア・ヌンムラリアというのもあり、和名はコバンコナスビだとか。

コバンナスビじゃなくてコバンコナスビ。

コは2回。こちらの方が花は大きいそうです。

おお、リシマキア…。急にありがたい気がしてきました。

あれらの仲間なのですね。

コナスビの学名はリシマキアヤポニカだそう。ヤポニカはジャポニカ的なアレですかね。

コナスビ今のところ可愛いし、草丈が低いのでこれは抜かないようにしています。

湿地好きだそうで、生えているのは日当たりの良い場所ですが、今年は雨が多かったので繁茂してきたのでしょうか。

多年草ということは冬も緑が残るようです。

さて、どうなるのでしょうか。

クラピアもがんばって!