Hanaway 主に庭にいます

地味なりに活発

工事が始まりました

足繁く通うものの、なかなか捗らない古家開拓。

とうとう大工さんの仕事が始まりました。

それまでにせっせと通っては、見つけた不具合をメールで逐次連絡していたので決まっていた工事の合間に見積もりを取ったり、アドバイスをくださったり。

例えば、和室の長押を撤去したいので、撤去後の長押裏の板がないところを木材等で塞いでほしいとお願いしたら、見てくださった後でフラットにならない可能性があるから垂木で板を貼る工事でもいいですか?と提案してくれました。窓のところはどうなりますか?と聞くといくつか提案すると言ってくれたり。

こちらも現地でけっこうな時間を過ごしたので、イメージできるところがあるので足繁く通った正月休みは無駄ではなかったと思うことにします。

リフォーム業者さんに相談したときはもっと包括的に提案がきて、おまかせという感じが強かったのですが(絶対その方が業者さんは楽なはず)、こちらの大工さんはDIYお手伝いも売りにしているので、素人相談にも寛容。

あと、思ったのが、庭のフェンスを頼んだとき見積額が予想よりすごく高かったのですが、大工仕事はあれっと思うくらいお安い…。苦手なことはまた別の業者さんに出すから高くなってしまうのですね。当たり前かもしれませんが。

高いからいいと言っても「わかりましたー」と明るく言ってくれるので、なにかと相談しやすいし、お願いすることはなるべく見積もりの通りにお願いしようと思います。向こうが出した値段にこっちが納得していればいいのだし。

床を剥がして下地が出ているところに脚立を置いたら、脚立のあしで床を踏み抜いてしまいました。

私が悲しみに暮れていると、家族も大工さんも優しくしてくれました。ケガしなくてよかったじゃないって。

やっぱね、こういうことは優しい人たちと楽しい雰囲気でやりたいです。